top
トップ > 校名の由来 
トップページ
English pages
設置校
建学の精神
本学の歩み
校名の由来
財務情報
演奏会情報
アクセスマップ
個人情報管理基本方針
情報セキュリティ方針
学校評価
一般事業主行動計画等
採用情報 教員
採用情報 職員
洗足学園第一高等学校
サイトマップ
洗足学園音楽大学/大学院
洗足こども短期大学
洗足学園中学校・高等学校
洗足学園小学校
洗足学園大学附属幼稚園
 
キャンパス
学校法人洗足学園

由来について

洗足学園の創設者前田若尾先生が、今日の学園の母体となる私塾を、旧平塚村(現在の東京都品川区)に創設したのは大正13年(1924年)のことです。その2年後現在の東京都目黒区洗足に移り、校名も洗足高等女学校と改めました。

  「洗足」という学園名は、地名を冠した命名のように思われますが、そうではありません。洗足学園はミッションスクールではありませんが、前田若尾先生は敬虔(けいけん)なクリスチャンであり、「洗足」という命名にもそれが投影していると考えられるのです。

 キリストは、明日は十字架の上に消えることを悟ったとき、12人の弟子たちの足をひとりひとり洗ってやって、最後の晩餐の席につきました。新約聖書「ヨハネによる福音書」第13章に次のように書かれています。

イエスは、夕食の席から立ち上がって上着を脱ぎ、手拭(てぬぐい)をとって腰に巻き、それから水をたらいに入れて、弟子たちの足を洗い、腰に巻いた手拭で拭きはじめられた。 (中略) しかし、主でありまた教師であるわたしが、あなたがたの足を洗ったからには、あなたがたもまた互いに足を洗うべきである。わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするように、わたしが手本を示したのだ。

 教育の理想を深く思慮し、そしてキリスト教を厚く信仰し、賛美歌を愛唱した前田若尾先生は、迷うことなく「洗足」と命名されたことでしょう。「たがいに足を洗えとのりし み教守るここの学びや」、前田若尾先生作詞の洗足学園校歌の一節です。その教学の大理想をキリスト教の感謝と献身、犠牲と奉仕の信仰の中にうちたてられ、洗足学園はスタートを切ったのでした。

spacer spacer